FC2ブログ

藍石鹸と紅花石鹸

10-26,2009

石鹸1 藍石鹸

10月23日に久しぶりに石鹸を仕込みました。
左は型入れ前の紅花石鹸、右は型入れ直後の藍石鹸です。
レシピは下記の分量です。

「紅花石鹸」  鹸化率90%
オリーブオイル 767g
ココナツオイル 107g
パームオイル   93g
椿油        33g
苛性ソーダ   126g
水        240cc
紅花エキス   100cc

「藍石鹸」  鹸化率90%
オリーブオイル 650g
ココナツオイル 200g
パームオイル  100g
ココアバター   50g

紅花石鹸は大匙2杯の紅花を100ccの熱湯で抽出し、
オイルと苛性ソーダ水を合わせ攪拌後しばらくしてから投入。
藍石鹸の方は40度くらいのぬるま湯30ccに藍を入れ
攪拌後、紅花同様のタイミングでタネに仕込みました。
藍は全ては溶けきらずツブツブが残っています。
ツブツブが残っているので更に実験しようと
軽いトレースが出たところで藍そのままを
もう少々、投入して様子をみてみましたが
お湯で溶いた方がよさそうです。
藍を頂いた方は、染色をされている方なのですが
40度くらいのぬるま湯で溶いて使ってくださいと
言っていました。
逆に藍石鹸を作られている方に伺ったところ
軽いトレースが出たあたりで、粉末を少量入れ込んだと・・。
若しかしたら使っている藍の種類が違うのかもしれません。
今回の藍石鹸は色もクレイ程度の色で、
所謂「藍色」でないのも種類が違う藍であれば納得です。
解禁日が待ち遠しい。








「なかぐろや」さんのお財布

10-25,2009

画像 662 画像 664
「なかぐろや」さんに注文していた主人のお財布が届きました。
不思議な形状の3つ折財布。
アレコレ使い勝手を相談していてこの形で決定しました。
兎に角、中にいれるものが多いのです。
別に持ち歩くと忘れてしまうから全てをお財布に入れる
主人のお財布はまさしくブタ財布。
これは全てをいれてもブタになりません。
お財布に名刺を入れているので
人に渡すときには角の折れた名刺を渡しているのが
どうも私には気になっていたので一安心です。
1年後の使いこんだ状態になるのが
待ち遠しい。

エバラ ビビンバの素

10-20,2009

画像 656
こんなものを購入してみました。
エバラさんから出ているビビンバの素。
コチュジャンのタレと調味油がついていて本格的。
フライパンでチャーハン状態に炒めましたが
石焼ビビンバ鍋が欲しくなりました。
韓国市場まで又いかなくちゃ。

作り方は、牛または豚肉を炒め、ごはんとビビンバの素をいれ
更に炒めるのですが、今回冷凍庫に入っていたお肉を
解凍した所間違って牛のかたまり肉・・・。
ビビンバにはお肉なしで、固まり肉はそのまま焼く事に。

画像 655 画像 654

お米は先週届いた新米の「はえぬき」と「つや姫」
から「つや姫」を使用しました。
この「つや姫」は現在山形で力を入れて
売り出し中のお米だそうです。
お米自体が長細くこじんまりしたタイ米みたいな形ですが
味のほうは美味しく、1週間で2kg食べつくしてしまいました。

画像 644


ベリーベリージャム

10-20,2009

ここの所、食生活が乱れ気味だったので
kellogg’sのオールブランを食べています。
一食で一日に必要な食物繊維の50%がとれるとか。
そのまま食べるにはちょっときついので
牛乳のほかにヨーグルトとジャムなどを入れて頂きます。
これが案外美味しいので色々なジャムを試そうと
成城石井へ。
結局気に入ったものが見つからず作る事に。
気に入る果物が見つからないので冷凍ブルーベリーと
ラズベリーを買ってきました。
合わせてベリーベリージャム。
画像 639
甘みはハチミツのみ。
ゆるい感じもヨーグルトにあって、
かなり美味しい。
うちでは庭になるラズベリーは種が硬くて観賞用。
冷凍のラズベリーは
全く種が気にならず良い感じ。

アイスクリームに入れると良いかと思ったのですが
抹茶シフォンを作ってしまったので
合わせるにはベリー系のジャムではないなと・・。
画像 650
結局又ロッキーロード。
どれだけ好きなんだって感じよね。


龍鳳

10-17,2009

画像 591 画像 592
「龍鳳」印を彫りました。
龍鳳は、すぐれた人物のたとえです。
印稿(左上)を仕上げ、次に鏡に印稿を写し
反転した文字を石に写しとる作業(右上)。

続いて仕上げまで。
画像 640 画像 641
印稿通りに仕上がったでしょうか。

汀花

10-16,2009

画像 583 画像 593
今回は、「汀花」という文字を彫ってみました。
本当は夏くらいに仕上げていたのですが
すっかり忘れていました。
汀花というのは「水ぎわの花」の事を言います。
今の季節印ではないような・・・。

ロクシタン スパチュラ

10-15,2009

画像 626

時々香りにつられてロクシタンへ立ち寄ります。
こちらのスパチュラが目に付き購入しました。
手づくりクリーム度を作るときには、食品同様添加物が
入っていないので冷蔵庫保存し、
使う分だけ小さい容器に移し替えて使うので
スパチュラが必要になります。
可愛いスパチュラが手に入って作業も良い気分です♪

京都土産

10-12,2009

京都のお土産に「たわし」を頂きました。
多分、内藤商店さんのものではないかと思います。
面白いのがたわしを束ねているものが紐なこと!
昔からの作り方だとこうなのですね。

画像 617 画像 618

京都土産と書いていて思い出したものがありました。
随分前に頂いた「三條本家みすや針」。
みすや針というのは有名なお店がもう一つあるそうですが
此方の方が元祖だそうです。
京都に行った折には立ち寄ってみたいお店です。

画像 625 画像 624

MARKS &WEB

10-04,2009

画像 612
MARKS & WEBでは石鹸以外にもエッセンシャルオイルや
ボディクリームなど色々あります。
今回はキューブ型のアロマポットを購入しました。
アロマポットって何故か花柄や本体に穴をあけてあって
灯りをつけると周囲の壁も水玉みたいな模様がでてくるものが
多いのですが、此れが苦手。
シンプルなものを、と思うとmujiになってしまいますが
MARKS &WEBのものはmujiの素っ気無い感じとも違い
大満足のものでした。
上の凹部分に水を8分目(8cc)を入れ、
エッセンシャルオイルを数滴垂らすのですが
この量ですと水がなくなるのが30分程度。
ちょっと物足りない感じもあり。
そして茶葉を2、3g入れ蝋燭に火をつけるという
使い方もできます。香炉ですね。
これですと30分~1時間というところのようです。
凹部分に水をいれる水滴代わりにニッキ水の瓶を。
可愛い♪


MARKS &WEB

10-01,2009

画像 602
茅ヶ崎の駅ビル内に入っている「MARKS &WEB」で、
手づくり石鹸を購入しました。
写真右上から「オリーブ/スクワラン」「炭/ティーツリー」
「黒砂糖/ハチミツ」です。
「炭/ティーツリー」は2000円以上購入した人に
貰えるもの。脂性肌用なのです。
このお店の石鹸はオーガニックで手づくりとなっているのですが
其れにしては物凄く安いのです。
どんなものなのか使ってみたく購入しました。
今日は、「黒砂糖/ハチミツ」を使ってみる事に。
香りと泡立ちはとても良いです。
この泡立ちは手づくり石鹸の印象と違い、
洗いあがりも含めて化粧石鹸系に近いかな。