FC2ブログ

尿素石鹸B

06-30,2008

石鹸B1 石鹸B2

先日、石鹸Aを型だししましたが、引き続き石鹸Bを型出ししましたら
印を押すにはちょっと軟らかい。
切り分けまでして、乾燥させておいたものが表面が乾いていたので
印を押してみました。
こちらも昨日のカエル同様、印の彫が浅い感じ。
とは思いつつ、全部叉押してしまいました。
続けて石鹸Cを型出ししようと思ったのですがコチラは全体に軟らかい。
まだ、3.4日は放って置いたほうが良さそう。
石鹸Cには未だ印を作っていなかったので今回は新たな主人の下絵で
彫ってみました。
3.4日後の切り分けが楽しみ。

石鹸刻印

06-23,2008

カエル ニワトリ 印

先日作った石鹸もそろそろ型出しできそうなので、今回は刻印を打とうと
石にカエルとニワトリのモティーフを彫りました。
今回は軟らかめの石鹸に押すということで
粘土に印を押す感じで深めに彫ろうと
購入してあったミニルーターを使ってみました。
結果は全然駄目。
最初に印刀で彫った後に深く掘ろうと思ったのですが
印刀の方が断然彫れます。
あまりに彫れないので壊れているのかと思い
メーカーに問い合わせをしたのですが
傷をつける程度しか彫れないものと言われ、がっかり。
頑張って彫り下げてみましたが、石鹸に押せるかどうか・・・。
明日あたり型出ししてみようとおもうので
駄目だったら手紙用の印に。
ミニルーター

パン籠

06-19,2008

パン籠

途中まで作りかけていたパン籠を仕上げました。
其処の部分は四角い形で編み、側面を楕円に
変形させた籠。
取っ手は最後の仕上げなので、気が抜けてしまい
いい加減になりがちですが今日は成功。

尿素石けんレシピ

06-18,2008

先日作った尿素石鹸のレシピを下記に。
今回廃油に尿素を混ぜた石鹸とヒマワリ油とラードの組み合わせの
石鹸を作ってみたかったのですが、作ろうと思った瞬間
一度全てのオイルを一掃してしまおうと思いたって
急遽A,Bの2種に手を出してしまいました。
オイルの特性は大きくグループ分けできるので、
最終的な想像した石鹸の特性に合うオイル郡から自分の予算に合わせて
選べば良いと思っています。
最近はオリーブオイルだけでも良いかなと。
どこでも手に入り、万能ですから。

石鹸A:鹸化率 92%
    前田京子さんの特製マルセイユ石鹸レシピを一部変更して
    オリーブオイルの足りない分をヒマワリ油で代用し,鹸化率をアップしたもの。
    シャンプー用としても使おうと思い、鹸化率高めの設定。
    型入れまで8時間
     
     ひまわり油 269g
     オリーブオイル(ピュア) 191g
     パームオイル 64g
     ココナツオイル 112g
苛性ソーダ  95g
     水  250g(オイル総重量の40%)
     尿素             25g(オイル総重量の4%)
     蜂蜜            小匙2
     

石鹸B: 鹸化率85% 
     木幡有樹子さんのシンプル石鹸をイメージしましたが
     このレシピを見てソレを想像できる人は居ないでしょう。
     ホントに最後に残ったオイル処分という感じ。
     型入れまで3時間
    
     ひまわり油    100g
     パームオイル  188g
     ココナツオイル  112g
     ひまし油      50g
     椿油         50g
     苛性ソーダ     63g
     水         170g(オイル総重量の34%)
     尿素         20g(オイル総重量の4%)
     ココナツミルクパウダー 大匙2    

石鹸C: 鹸化率 85%
     ラードは全体量の1/3くらいの方が良いらしいですが
     105gしか手元に無かったので、その在庫量で決まった配合。
     型入れまで20時間

     ひまわり油    395g
     ラード       105g
     苛性ソーダ     57g
     精製水      180g(オイル総重量の36%)
     尿素         20g(オイル総重量の4%)
     ココナツミルクパウダー   大匙2
     ローズマリーエッセンシャルオイル

石鹸D: 鹸化率
     廃油の場合、色んなオイルの混ざりだったり、不純物も入っているので
     オイル重量の13%と書かれていたものを参考に。
     型入れまで5分。(ペットボトル法を用いたので大丈夫だそうです)

     廃油          400g
     尿素          16g
     苛性ソーダ      52g
      水            160g
     ローズマリーエッセンシャルオイル

前田京子さんのレシピは水分量が多い事もあり、固まりにくいのですが
出来上がった石鹸はマイルドで良い石鹸。
木幡有樹子さんの石鹸は作りやすいのですが、ちょっと仕上がりが
ハードな印象。
     

手作り尿素石鹸

06-17,2008

尿素石鹸

漸く、重すぎる腰をあげて久しぶりに石鹸を作りました。
前回一気に3個仕込んだので、無くなるまで間がありました。
在庫の石鹸も残すところ1ヶ月分くらいかと心配になっては居たのですが
やっと、入れてみたかった尿素を入れた石鹸を4種仕込み、へとへとです。
詳細のデータは叉後日として、写真の石鹸(タネ)は、ラードとヒマワリ油の石鹸。
コレは本日3個目のものだったのですが、気が緩んできたのか
手を抜いたら全然固まらず、途中分離しかけたので、慌てて湯煎をして
ペットボトル法に変えました。
ペットボトルを使うと泡だて器で攪拌するより良く混ざります。
今日は、20時まで粘りましたが、この3個目の石鹸だけ型入れまでは行きませんでした。
他3つは型入れまで成功。
久しぶりにワクワクする石鹸です。

ご近所さんの手作り石鹸

06-15,2008

ご近所さんの手作り石鹸

歩いて行き来が出来る近さで唯一のお友達から
手作り石鹸を頂きました。
時々ギターを持って遊びに来てくれる主人のお友達、男性です。
ある日ギターで遊んだ後3人で、お酒を呑みながら
石鹸の話で盛り上がり、彼は自分で作ってしまいました。
さすが!
それからは、石鹸枠でお友達認定してもらいました。
昨日の夜、初めて出来上がった石鹸を主人が頂いてきたので
早速今日は、試供です。
泡立ちがちょっと少ない気がしましたが、あとは良い感じに仕上がっていました。
これを後、2ヶ月くらい熟成させるとかなりシットリした
良い石鹸になると思います。
手作り石鹸は1ヶ月くらいの熟成期間で使えるようになるのですが
これが3ヶ月以上熟成させると、ある時突然シットリ感が増していて違う石鹸か?
と言うくらいに感じます。
最近石鹸作りに間を空けてしまったので、
今ある石鹸は前回大量に作った石鹸の残りだけ。
凄く良い状態になっていて使うたびに一人ニンマリしています。

TATTE by TATTE

06-13,2008

はがき

すっかり年賀状のやりとりばかりになってしまった
お友達の建元節子さんから期間限定ショップの案内状を頂きました。
個展の案内などを頂くたびに、彼女の精力的な活動に
感心します。
今回は、6月16日~20まで南青山のRocofで行われるそうです。
久しぶりに会いに行って来ようかな。