FC2ブログ

漆塗りの匙

03-31,2008

中澤匙
「なかぐろや」さんから新作の匙画像がとどきました。
今回の匙は根来塗りを意識して仕上げたそうです。
雰囲気がでています。
漆塗りの器は骨董屋さんでは
立派な塗りのものでもかなりお値段が安いように思います。
これは、普段使いにあまり用いられないから需要が
ないせいだとおもいますが、案外使ってみると
そんなに神経質にならなくても大丈夫です。
さすがに食器洗い機には入れませんけど。
うちでは数枚朱塗りの器を使っていますが
それが食卓に上るとぐっと華やかになるので
中身が伴わなくても美味しく感じるように思うので
お助けアイテムです。
日本の伝統を伝える職人さんたちが増えると良いです。


今日の収穫

03-29,2008

ヒヤシンス タラの芽 ローリエ

今日は庭での収穫がありました。
去年植えたタラの芽が3つほど採れたので
明日葉とワサビの葉も採って来てきて天麩羅にしました。
ついでにローリエも乾燥させておこうと採って来ましたが
あんまり香りが強くない・・・。
実家のローリエはかなり香りが強かったように思いますが
うちに植えたローリエは香りが弱い。
乾燥させると香りが強くなると書かれたものを発見したのですが
そんなには変わらないようにも思うのでコレは実験。
ヒヤシンスも大きくなったので蕾のうちにつんで来ました。
もう一日早いくらいが形としては好きなのですが
あまり早いと可愛そうかと思って躊躇したら
一日で結構開き始めて全体にバラバラな様子。
今日は大収穫でした。

アロエローション

03-28,2008

アロエローション アロエエキス

アロエローションを作ってみたら?と、キダチアロエエキスとヒアルロン酸を
頂いたので早速アロエローションつくってみました。
2日前から使っていますが、しっとり。
コレは良いです。
レシピはコレを頂いたSilver Moon のオーナーに教えていただいた通り
アロエエキス150cc
グリセリン5cc
ヒアルロン酸5cc
これと、水150ccに尿素小さじ2杯を混ぜてあらかじめ溶かしたものを
加えて完成。
昨日は主人の顔にもちょっと塗ってもらってみましたが
朝起きた顔はいつもよりピカピカでした。

篆刻 高古

03-27,2008

篆刻 高古

「高古」という文字を彫ってみた。
「高尚にして、古きおもむきのあること」という意味です。
春になり、散歩をすることが多くなりましたが
古い建物で半分朽ち果てそうな建物を時々みかけます。
プロポーションが良いので綺麗に直せば新しいものより
ぐっと良くなるとおもうのですが
この寂れ方からすると建物の価値は持ち主が感じていないらしい・・・。
きっと行く行くは取り壊される方向にいくのだろうなと
残念に思います。
以前通っていたお稽古事の教室は
茅葺屋根の建物でした。
ここのご主人が気に入られて当初の持ち主から譲り受けたそうですが
私が通う頃は維持費がかかるからと
普通の住宅に立て替えられていました。
切り離されて一部残された茶室の切り口が
妙に痛々しい感じ。
新建材を貼り付けられて処理されているだけ。
残念。

ここん 鎌倉店

03-26,2008

銘仙1 銘仙2 銘仙3

先週、講習会の帰りに神楽坂にある「ここん」神楽坂店へ行って来ましたが
今週は鎌倉で行わた仕覆展の帰りに「ここん」鎌倉店へ行って来ました。
昨年末に出来たばかりの店内は神楽坂店よりも広く、
気持ち銘仙の数は多かったように思います。
神楽坂店では「どんぐり」柄の銘仙を購入。
こちらは古いものではなく、現行でつくられていたもの。
新品です。
ちょっと可愛すぎたので前回伺ったときには購入をしませんでしたが
この銘仙を作られた会社もコレが最後で店じまいなさったと伺ったので
ちょっとだけ購入しました。


銘仙4

つくし

03-22,2008

つくし

散歩にでかけたら近くの公園で「つくし」を発見。
こんなところにつくしが出ているなんて凄い。
来年も出てくるように、根を残し上だけ3本持ち帰りました。
なんだかほのぼのします。
ここの所肩こりが酷く寒くて怠っていたジョギングを叉再開。
体を動かすと少し肩の方も解れる様です。
暖かくなったので続けて頑張ろう。

叶匠寿庵「あも」

03-03,2008

叶匠寿庵あも1


せっかく額賀章夫さんの茶碗をおろしたので
合わせて頂くのに
叶匠寿庵「あも」を買ってきました。
美味しい。
小豆のほんのりと甘い感じがたまりません。
夜な夜な、抹茶をたてて一緒に頂いています。
抹茶といえば、うちでは
「上林春松本店」の「龍の影」が殆どです。
色々試してみたいところですが
ケーキの類とは違い、一つ決めると何だかコレで良いやと
言う気持ちになります。
失敗したときに使い切るまでそれを頂かなくてはいけないから
そういう気持ちになるのかもしれません。
コレはお手ごろ価格で先ず先ず美味しい御抹茶です。